開催レポート|JFA公認B級コーチ養成講習会2022鳥取県コース


2022年4月16日(土)、鳥取市のヤマタスポーツパークにて「JFA公認B級コーチ養成講習会鳥取県コース」が開講しました。

鳥取県で初めての開催となった本講習会は、公認C級コーチライセンス取得者を対象に昨年行った指導実践のトライアルテストに合格した指導者16名が受講し、約半年間をかけて指導技術向上と公認B級コーチライセンスの習得を目指します。

春の好天に恵まれた第1日目は「試合の分析」を講義や実技を通して学び、第2日目は受講生全員が「指導実践」を行い受講生同士が互いの指導法について意見交換をし研鑽をしました。

|インストラクターコメント


●吉川尚男 チーフインストラクター/FAコーチ
 
「この度鳥取県で初めてとなるB級の鳥取県コースを16名の受講生の皆様と開始することができました。約半年間にわたる長い講習会ではありますが、インストラクターである私たちの「受講生の方たちに少しでも成長していただきたい」という熱意と、受講生の「成長したい」という熱意を大切にした講習会にしていきたいと思っています。受講生のほとんどが、県内の各種別のトレセン活動にご協力をしてくださっている方々です。この方たちが半年間の本講習会を通して指導における様々な力を身に付けることで鳥取県のサッカーの未来が変わると確信できた初回となりました。今後の受講生の取り組みに期待したいと思います。」

 

|受講生コメント


●受講生(第3種 指導者)

「まず、今回本講習会が初めて鳥取県で開催されるにあたって、ご尽力いただいた皆様に厚く感謝を申し上げます。現在、私は指導を始めて10年近くになりますが、より深く指導内容を整理していきたいと感じ、今回受講を申込みました。初日には吉川インストラクターから、サッカーにおける原理原則や判断基準などについて講義していただき、2日目はその知識を持って、指導実践を行いました。この2日間を通して、少しずつ頭の中が整理されていくことを感じました。また、一緒に受講している仲間との意見交換も新たな見方を知るものとなりました。最後になりますが、今回指導実践や試合分析にご協力いただいた各チームの皆様に感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。半年間、がんばります。」

 

●受講生(第3種4種年代 指導者)
「私は、今回鳥取県で初となる本講習会を受講するにあたり正直悩んでいました。不安や情熱等自分の悪い部分が出てしまいなかなか決断できませんでした。しかし、指導先での日々の選手たちの姿や私自身の指導の声かけを通して、自分もさらに学び挑戦して自分自身も成長することで選手一人ひとりと向き合えるようになりたいと思い受講を決意しました。昨年の指導実践トライアルで発見した課題を改善するにあたっては、指導者仲間などたくさんの方に助けられ、今回受講を迎えることができました。受講初日は緊張もありましたが、同じ志を持つ仲間や親交のある他地区の指導者、そして新たな指導者仲間と共に講義を受けたり、ディスカッションをしたり、指導者チームとなって一緒に実技視察したり、指導のプランニングをしたりと様々な場面で刺激ももらい、これからが楽しみに変わった初日でした。2日目は前日組んだチームで指導実践を行いました。初めてのことで不安もありましたが同じチームとして仲間は心強く、私自身はうまくいきませんでしたが、チームの人やその他の仲間から良い意見や指摘をいただき自分の成長に繋がりました。他種別の指導者からもらう意見は、自分にはなく他の指導者にあるものなど様々な事に刺激を受けました。今後も、記念すべきこの第一期生の仲間たちと共に選手のため、自分自身の成長のために切磋琢磨していけたらと思います。最後になりますが吉川インストラクターをはじめ、本講習会に携わってくださる関係者のみなさん、受講生仲間のみなさん、コロナ禍ではありますが無事に開催するにあたりご尽力いただきありがとうございます。半年間、精進していきたいと思います。」