研修会



第2回鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)及び第1回鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)を開催しました。

鳥取県サッカー協会審判委員会主催により、鳥取県サッカー協会所属のサッカー3級審判員が2級審判員昇級試験に合格することを目的とした「鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)」を、12月9日(土)及び10日(日)に開催された令和5年度第9回鳥取県中学校サッカー新人大会において行いました。また、レフェリングに関する知識・技能の向上を目的とした「鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)」を12月9日(土)にWeb会議システムZoomにて開催しました。

主な研修内容は以下のとおりです。
・研修会のガイダンス…1 年間の研修会の概要についての説明、受講者の状況の確認
・鳥取県中学校サッカー新人大会の振り返り…実践を踏まえたレフェリングの振り返り

参加者コメント(一部抜粋)
○今回のレフェリーアカデミーでは、主審をさせていただき、レフェリング実践を行いました。その中で、2級昇級をするために何が足りていないのか理解することが出来ました。この1年間のレフェリーアカデミーを通して自分に足りないものを改善し、2級昇級が出来るように頑張りたいです。

○この度の研修会では、2級昇級に向けて、今の自分に何が求められているのか(何ができている必要があるのか)が明確に分かりました。回数が限られている残りの研修会の中で次回までにどのような自分になっていないといけないのか(何を実行できていないといけないのか)が分かりました。そこから逆算して、今回不十分だったこととできるようになったことを整理して次回に挑みたいと思います。

○頼もしいインストラクターの方々と一緒に、一年間スキルアップしていけると思います。


鳥取県サッカー協会審判委員会強化部では、以下の研修会を開催します。
ご参加をお待ちしております。

 ⇓  ⇓  ⇓  ⇓

・審判活動をさらに充実させるために研修会に参加したい!
・ルールのことをもっと詳しく知りたい!
1級審判員を目指したい!

 という方は、以下の資料をご覧いただき、下記フォームより受講申込を行ってください。


受講対象

 鳥取県サッカー協会所属サッカー3級審判員

受講申込期限

 20231031日(火)19:00

受講申込先

 https://forms.gle/Q1n7mmsRrPqLQ1967
※ご質問はフォーム内にご記入ください。

申込をいただいた方には、研修会の概要等について詳細をお知らせいたします。
受講希望者多数の場合は、審判委員会で受講者を決定させていただきますので、予めご了承ください。


2022/23シーズン最終回の第6回鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)及び第5回鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)を共催により倉吉スポーツセンター及びWeb会議システムZoomにおいて開催しました。

 鳥取県サッカー協会審判委員会主催により、鳥取県サッカー協会所属のサッカー3級審判員が2級審判員昇級試験に合格することを目的とした「鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)」及びレフェリングに関する知識・技能の向上を目的とした「鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)」を9月18日(月)に開催しました。

主な研修内容は以下のとおりです。
・判定に関わる考慮事項のレクチャー
・今シーズンの研修会全体の振り返り

参加者コメント(一部抜粋)
〇集合して同じ空間/同じ映像を見て判定し、自分の見解、他の方の見解をその場で共有できた事が良かったです。
自分では見られていなかったところなど他の方の目線、考え方など人によって違うのだと改めて感じられました。
判定を含め、どのように動いて見るなど、すごく勉強になりました。
競技規則で知らなかった事も多くあるのだと痛感し、日々勉強をしなければいけないと思いました。
実際の試合をインストラクターの方に見てもらい、直接アドバイス、反省点を頂けたのもよかったと思います。
上級の方々に指導して頂き、アドバイスをもらえた事は何よりも自分の財産になりました。
この研修に行く前より確実に審判員としてのレベルは上がっていると思うので、体が動く限り、審判活動をしていきたいと思います。

〇ファウルへの考慮事項が明確に分かり易く今までの別の観点から映像研修出来た事は非常に勉強になりました。
現場では即座に判断して実行する事象ばかりなので、選手の安全・安心は元よりサッカー精神に基づいたレフェリングが必要だと改めて実感したので、現場で違う目線で審判をしていこうと思います。
本来でしたら2級昇級試験を受けて上級審判員の方と同じ土俵に立つ目標でやって来ましたが、簡単ではない事が改めて研修を通じて勉強させてもらいました!
映像研修や現場でのレフェリー研修は非常に考える部分が多く勉強になりました。資料等も分かり易く即座に習得出来る部分がありました。
特に審判報告書の作成は役に立っています。
今後の目標として2級昇級は自分にとっては叶えるべき目標だと思っていますので競技規則の理解を含めて勉強して行きたいと思います。

〇4つの事象を踏まえながら1年間の振り返りができたことがとても良かったです。
また、これからの審判活動をする際に注意しなければならないことを改めて考えることができたのでとてもいい研修会になったと思います。
全体を通して、審判活動をする際に、どのような所に注意をしていかなければならないのか多くの事を学ぶことが出来ました。
例えば、ファウルに関すること、ポジショニングに関することなど審判活動をこれからもしていく中でとても勉強になることを学ぶことが出来ました。
今回の研修会等で学んだことを審判活動に活かしていき、ステップアップしていければと思います。


第3回鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)及び第2回鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)を共催により開催しました。

鳥取県サッカー協会審判委員会主催により、鳥取県サッカー協会所属のサッカー3級審判員が2級審判員昇級試験に合格することを目的とした「鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)」及びレフェリングに関する知識・技能の向上を目的とした「鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)」を2月19日(日)に開催しました。

主な研修内容は以下のとおりです。
・競技規則模擬テスト・・・・・競技規則の理解度を確認するため、模擬テストの実施
・フィジカル理論の理解・・・・審判員としてのフィジカル理論の理解
・フィジカルテストの実践・・・2級昇級試験に準じた内容の実践

参加者コメント(一部抜粋)
〇実際に集まっての講習の方が理解度も違うので良かったです。また、今回の研修で力不足を痛感しました。知識、フィジカル面ともにもっと向上しないと先はないと思いました。
〇心拍数を知り、トレーニングをすることの大変さについて、身をもって感じさせられました。近日、運動、トレーニングをしていなかったのもあり、yo-yoテストでの自分の走れなさ、体力にガッカリでした。1~2週間でトレーニングをしたのが元通りになるということに納得でした。今後は、年齢や自分を甘えさせず、心拍ゾーン3の持久力向上を目標にトレーニングをしたいと思います。
〇第2回レフェリーアカデミーに参加して感じた事は、フィジカル理論の理解の重要性です。特に、ただ走る事を目的とするトレーニングではなく、(距離×本数=質を高める)事が実際に現場のレフェリングで求められる項目だと感じました。yo-yoテストでは以前実施した時より明らかに体力面や持久力の低下が個人的に見られたので、シーズン開幕に向けて更なるトレーニングの改善が必要だと思います。この様な活動を通じて競技規則の理解を深めて審判活動を楽しみたいと思います。


第2回鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)及び第1回鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)を共催により開催しました。

鳥取県サッカー協会審判委員会主催により、鳥取県サッカー協会所属のサッカー3級審判員が2級審判員昇級試験に合格することを目的とした「鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)」及びレフェリングに関する知識・技能の向上を目的とした「鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)」を12月18(日)にWeb会議システムZoomにて開催しました。

 主な研修内容は以下のとおりです。

・研修会のガイダンス…1 年間の研修会の概要についての説明(鳥取県RTC
・レフェリング技術の向上に向けたレクチャー…審判員の基本的な動きと監視についての講話
・鳥取県中学校サッカー新人大会の振り返り…実践を踏まえたレフェリングの振り返り

 参加者コメント(一部抜粋)


〇 映像を使っての動き方の説明がすごくわかりやすかったです。頭の中では映像のように動いているつもりですが、実際はポジショニングが悪かったりしていると思うので、今回学べたことは今後に繋がるよう努力します。上級の先輩、インストラクターの方の説明には説得力があり、自分だけでは解決、理解できていないことがあり、このような機会を頂けたのは本当にありがたいです。日々、勉強し、経験を増やしていけたらと思っております。

〇 1年間審判員として沢山の試合を担当致しましたが、足りない部分を理解させてもらいました。特に判断基準(精度の向上)・理解の積み上げ・マネージメントの質を上げる・動きの質を上げ、良いポジションで見る等を映像を使い学び、今まで気付かなかった事などがヒントとなり更なる現場での活躍出来るきっかけとなり良かったです。1級審判員のインストラクターの方の審判に対する思いや選手に対する対応等のマネージメントが非常に勉強になり考えさせられ頭の座学となりました。今後もこの様な研修会に参加し、上級審判員の方から学び色々と吸収して個人目標である2級審判員に昇級出来る様、精一杯頑張りたいと思います。

〇 今回のRTCを通じて、将来的に競技規則の更なる理解・適切なジャッジングが出来るようになれると感じました。


第6回鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)及び第5回鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)を共催により開催しました。

鳥取県サッカー協会審判委員会主催により、鳥取県サッカー協会所属のサッカー3級審判員が2級審判員昇級試験に合格することを目的とした「鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)」及びレフェリングに関する知識・技能の向上を目的とした「鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)」を9月25日(日)にZoomにて開催しました。
(さらに…)

審判トレセンのみ募集を10月9日(日)19時まで延長しました

鳥取県サッカー協会審判委員会強化部では、以下の研修会を開催します。
ご参加をお待ちしております。
 ⇓  ⇓  ⇓  ⇓
・審判活動をさらに充実させるために研修会に参加したい!
・ルールのことをもっと詳しく知りたい!
1級審判員を目指したい!

という方は、以下の資料をご覧いただき、下記フォームより受講申込を行ってください。 (さらに…)


第5回鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)及び第4回鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)を共催により開催しました。

一般財団法人鳥取県サッカー協会審判委員会の主催により、鳥取県サッカー協会所属のサッカー3級審判員が2級審判員昇級試験に合格することを目的とした「鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)」及びレフェリングに関する知識・技能の向上を目的とした「鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)」を7月23日(土)及び24日(日)に「令和4年度第48回鳥取県中学校総合体育大会」を活用して東伯総合公園サッカー場ほかにて開催しました。 (さらに…)


第4回鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)及び第3回鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)を開催しました。

一般財団法人鳥取県サッカー協会審判委員会の主催により、鳥取県サッカー協会所属のサッカー3級審判員が2級審判員昇級試験に合格することを目的とした「鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)」及びレフェリングに関する知識・技能の向上を目的とした「鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)」を5月22日(日)に倉吉スポーツセンターにて開催しました。 (さらに…)


第3回鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)及び第2回鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)を共催により開催しました。

鳥取県サッカー協会審判委員会主催により、鳥取県サッカー協会所属サッカー3級審判員がサッカー2級審判員昇級試験に合格することを目的とした「鳥取県レフェリーアカデミー(鳥取県RAcad.)」及びレフェリングに関する知識・技能の向上を目的とした「鳥取県審判トレーニングセンター(鳥取県RTC)」を2月20日(日)にZoomにて開催しました。
主な研修内容は以下のとおりです。
・競技規則模擬テスト・・・・・2級昇級試験に準じた内容(穴埋め、記述、Q&A
・フィジカル理論の理解・・・・審判員としてのフィジカル理論の理解
・ディスカッション・・・・・・フィジカルトレーニングの方法等

参加者コメント(一部抜粋)
○フィジカルフィットネス、フィジカルトレーニングについてご講義頂きました。
自分の心拍数、最大心拍数を把握したうえで、意味のあるトレーニング、過度な負荷の無いトレーニングを行うことが重要だなと思いました。仲間とトレーニング等についてディスカッションしたり上級者からいろいろと教わりました。ありがとうございました。
○トレーニングの有効性や効果に関して知識を得ることができました。
体を動かす程度のランニングは行っていたものの、中身に関しては考えていませんでした。今後は効果なども考慮し、トレーニングを行っていきたいと思いました。
○第3回目のRAcadはリモート開催となりましたが、今までの対面式同様、もしくはそれを超える質の講義を審判インストラクター(INS)の方々からご提供いただき、大変感謝しております。
今回は、第一部の講義でフィジカルフィットネスについて専門的な観点から学びました。第二部の講義では、審判(特に主審)として求められる動きに関連したフィジカルトレーニングについて、1級審判員であるINSは実際にどのように試合までの1週間の中で組まれているのかといった具体的な話が聞けて非常にためになりました。
また、受講者の同志の審判員の皆さんとグループに分かれ、意見や考えをシェアするディスカッションの機会がありました。グループ内(その後は全体)で相談&提案をし合えたことで、それぞれの強みや悩みを聞けて、私自身の今後の審判活動に向けた励みにもなりました。その後は、競技規則の模擬テストを受けました。
月に一度でもいいのでリモートで集まり、何かのテーマに対して学びを得られる今回のような場があれば、RAcad卒業後も参加してみたいと思いました!