3月6日(水)・7日(木)に米子市内の小学校にて鳥取県主催の「パラリンピアン講演会・ブラインドサッカー体験教室」に運営協力しました。この事業は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、障がい者スポーツやパラリンピック競技への理解と関心を深めるために開催されました。ブラインドサッカー元日本代表選手の葭原滋男さんを招聘し、講演会と競技体験を行いました。


 講演の中で葭原さんは、「最後まであきらめないこと」「面白いなと思ったことは、まずチャレンジしてみること」「失敗をしたときには、上手くいかなかったことをしっかり考えること」などの競技経験を児童たちに伝えていました。また、3度出場したパラリンピックで獲得したメダルを披露し、児童たちも目を輝かせていました。

 競技体験では、アイマスクを着用して歩いたり、走ったりした後に、ボールを蹴ってコーンに当てることや、葭原さんとミニゲームを行い、ブラインドサッカーを体験しました。児童たちは、初めての経験に戸惑いながらも、仲間の声を頼りにしてゴールを目指していました。

 講演会と競技体験を通して葭原さんは、「視覚障害の体験やブラインドサッカーをする側の経験だけではなく、仲間にわかりやすく声をかけてあげることや協力することなど、支援する側の大切さに気づいてほしい。」と共生社会推進の大切さを話していました。


|児童の感想|

● (講演を聞いて)難しくても、諦めずに挑戦して最後まですることを頑張ろうと思いました。ブラインドサッカーの時に、みんながアイマスクをして見えないのに音や人の声でボールを探したり、ゴールの位置を見つけたりしてすごいと思いました。ブラインドサッカーは音だけでボールを探すのが難しかったです。町で目の不自由な人に出会った時は、信号が何色か教えたいと思います。

● 初めは「誰かにぶつからないかな」と不安でしたが仲間が声をかけてくれるおかげで、すごく安心することがわかりました。もし、目の不自由な方を見かけたら、手助けをしたいと思いました。葭原さんはたくさんのことにチャレンジしていてすごいと思いました。「失敗しても良いんだ」ということを学び勇気をもらいました。貴重な体験をさせていただいて本当にありがとうございました。

● ブラインドサッカーをやる前は、どんなスポーツなんだろうと思っていたけど、やってみるとすごく楽しかったです。アイマスクをしてやると、初めは怖かったけど、みんなの声を頼りに歩いたり、走ったり、コーンにボールを当てることができました。私はこの学習で「まずは何事にもチャレンジする」ということを学びました。


|主催:鳥取県
|協力:一般財団法人鳥取県サッカー協会、株式会社SC鳥取(ガイナーレ鳥取)


|日時・場所

(1)2019年3月6日(水) 米子市立和田小学校 体育館
(2)2019年3月7日(木) 米子市立大篠津小学校 体育館


|参加者
(1)米子市立和田小学校 5、6年生、特別支援学級児童 34名 学校関係者他 36名 計70名
(2)米子市立大篠津小学校 5、6年生 26名 学校関係者他 14名 計40名


 一般財団法人鳥取県サッカー協会では、公益財団法人日本サッカー協会の「リスペクト宣言」に賛同し「リスペクトプロジェクト」を推進しています。チーム、選手、指導者、審判員、運営者等、サッカーに関わる「誰もが安心・安心に心からサッカー・スポーツを楽しむために」啓発活動等に取り組んでいきます。




公益財団法人日本サッカー協会では、サッカーの活動現場における組織的または個人的な暴力行為の早期発見と是正および再発防止に努めることを目的に、「暴力等根絶相談窓口」を下記の通り設置しています。
公益財団法人日本サッカー協会「暴力等根絶相談窓口」


利用時間
 平日 10:00~15:00(土日祝・年末年始を除く)


連絡先
 TEL:050-2018-1990
 FAX:03-3830-2005
 ※ 電話番号はくれぐれもお間違いのない様、お気を付けください


10歳以下(キッズ)の子どもたちに関わる指導者や保護者等を対象にした「JFAキッズリーダー養成講習会」を、2月に鳥取市と大山町で開催しました。
  (さらに…)


■大会情報

【主 催】一般財団法人鳥取県サッカー協会
【主 管】一般財団法人鳥取県サッカー協会 第1種委員会
【期 日】2019年3月24日~4月21日
【会 場】
   コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク球技場・多目的(鳥取市布勢)
   鳥取県フットボールセンター若葉台 第1グラウンド 第2グラウンド(鳥取市若葉台)
   東郷運動公園(東伯郡湯梨浜町川上)
   とりぎんバードスタジアム(鳥取市蔵田)


【大会成績】
優 勝:就将SC
第2位:鳥取KFC
第3位:FCアミーゴ
第4位:鳥取セリオ

結果詳細は添付ファイルをご覧ください。

上位2チームは、2019年4月6日(土)~7日(日)に広島県で開催される中国大会へ出場します。

-大会概要-
【主催】 (一財)鳥取県サッカー協会
【主管】 (一財)鳥取県サッカー協会第4種委員会
【後援】 鳥取県教育委員会
【協賛】 株式会社モルテン
【期日】 2019年3月9日(土) 4チームによる予選リーグ
     2019年3月10日(日) 各組1,2位による 決勝トーナメント
【会場】 東郷運動公園多目的広場、東郷小学校グラウンド

(さらに…)


2018年度JFA公認D級コーチ養成講習会西部コースを鳥取県フットボールセンター大山にて開催しました。

年間予定では3月開催はありませんでしたが、
2018年12月に開催される予定であった西部コースが最少催行人数に達しなかったため、
3月9日(土)~10日(日)2日間にわたり追加で実施されました。

この講習会はグラスルーツで活動する指導者の養成を目的とし、
講義および実技を47FAインストラクターが講師をしております。

講義を通して、トレーニング・ゲームの考え、メディカル等を学びました。

受講者数:15名(県内14名、県外1名)

参加者コメント

(鳥取市から参加)
「初めてのライセンス講習会で学んだことを、実際の現場で活かしていきたいと思います。
 これを機会にさらに高いレベルのライセンス講習会を受講していきたいです。」

(さらに…)


3月3日(日)に大山町の鳥取県フットボールセンター大山にて「​2018年度トレセンコーチ研修会」を開催しました。この研修会は、鳥取県トレセンに関わる指導者の指導力向上を目指し、全国または世界で活躍する選手を鳥取県から輩出すること目的に開催されました。

 猿澤 真治 氏(JFAナショナルトレセンコーチ〔中国担当〕)を講師に招聘し、鳥取県内の指導者43名が参加しました。
 
午前中に猿澤氏から、2018年に開催された「2018FIFAワールドカップ ロシア」のTSGから日本の目指すところを伝えていただき、畑野育成部長より「鳥取FA 指導育成指針プランについて」の講義を通してトレセン指導者へ共有していただきました。
 
 
午後からはトレセン指導者による「指導の実践」が行われ、様々なディスカッションを通じて指導者の指導力向上を図りました。
 


 
■参加者
 トレセンコーチ(2種・3種・4種・女子) 43
 ​運営役員 5名​
 総計 ​48

2019年度サッカー審判員講習会【東部地区】の情報です。

【期日・会場等】

添付ファイル(pdf)に記載しております。

【申込方法】

 ①新規:WEBにてJFA IDを取得後、申込みください。(こちらから)
 ②更新:1.JFA IDログイン後、KICKOFFを選択(こちらから)
     2.「審判」を選択
     3.「講習会・研修会」を選択し「講習会・研修会申込み」をクリックする
     4.検索をして講習会を申し込む
     5.支払いをして申込み完了
  

——————————確認事項——————————

◇住所変更有り無しに関わらず更新の際は必ず現住所の確認を行って下さい。
 (記載ミス等によって審判証やルールブックが届かない場合があります。)
——————————————————————–

□パスワード〔秘密の質問と答え〕を忘れてしまった方⇒こちらをご確認ください。

■講習会に関するお問合せ先
       (添付書類にてご確認ください。)

 お困りのことがございましたら、こちらをご覧ください。
 【審判講習会FAQ

●詳しくは添付書類をご覧下さい。


 

【大会主旨】 家族のふれあいの場、コミュニティでのスポーツ活動の機会の提供を目指し、リーグ戦形式をベースにしたファミリーフットサルフェスティバルを実施する。また、これまでサッカーに親しんだことのない人も含めて、より多くの人々がボールを蹴る楽しみを身近に味わえる機会を提供することを合わせて目的とする。

【主 催】 一般財団法人鳥取県サッカー協会

【主 管】 一般財団法人鳥取県サッカー協会フットサル委員会

【後 援】 公益財団法人日本サッカー協会

【開催期日】 2019年3月21日(木・祝)

【開催会場】 公立鳥取環境大学 体育館
(鳥取県鳥取市若葉台北1丁目1-1) TEL  0857-(38)-6700

【募集数】 ファミリーの部 8チーム

【参加料】無料

【応募締切】2019年3月8日(金)必着


2019年3月3日(日)に大山町名和トレーニングセンター体育館にて「とっとりキッズサッカーフェスティバルinだいせん」を開催しました。
大山町内の保育園・保育所の年長児(U-6)24名の子どもたちが参加しました。

(さらに…)